占いやカウンセリングの利用~心をスッキリ~

気軽に利用

紫の石

日本でカウンセラーが活躍し始めたとき

日本でカウンセラーが活躍するようになったのは、戦後からなのです。アメリカの教育制度を取り入れたことによってカウンセリングの指導が導入されていったのです。しかし、この場合のカウンセラーはカウンセリングを行なうというよりは生活指導という形で行なわれたので、実際に精神的なケアを行なうようなカウンセリングは主として行なわれていたわけではなかったのですが、でもこの生活指導という形で導入されたことにより、それがスクールカウンセラーの誕生となったのです。アメリカから導入されたカウンセリングなのですが、いまだに日本ではカウンセリングはアメリカに比べると普及率はまだまだ広まっておりません。ですが、今では一般の言葉として使われるようになり、徐々に広まりつつあります。

必要とされる存在となってきています

それでも、人間の傷ついた精神は人間関係でしか回復させることはできないものなのです。そのサポートをするのがカウンセラーの仕事となるため、今の世の中ストレス社会といわれておりますし、災害により精神的な苦痛を感じる日々を過ごしている人も世の中にたくさん存在しています。そのような人が今の時代に増えてきたこともあり、カウンセラーの存在は少しずつですが、必要と感じられ始めているのです。まだまだカウンセリングという言葉に抵抗を感じる人が多くいるのですが、カウンセラーがどのようなことをする存在なのか、しっかりと専門分野をわかりやすく伝えられるようにすることが、これからはカウンセラーにとって必要になっていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加